犬を飼う心構え

犬を飼うには、まず生き物の世話をすることへの労力と時間を必要とすること、そしてお金がかかることへの覚悟をしなければなりません。

犬を飼うのに必要な経費はどれだけかかるのでしょう。
ペットショップで購入する場合、犬そのものの値段に初期費用としてプラス3万~5万円くらい必要になるとみてください。首輪やリード、犬用の食器やケージなどが必要です。

そして、都道府県に畜犬登録をする費用がかかります。畜犬登録は犬を飼うすべての人が行う義務で、登録料は3000円程度です。
犬が生後90日を越えたら狂犬病の予防接種を受け、30日以内にその証明書を持って役所か保健所に届け出ます。
狂犬病予防接種は年に1度の接種が必要で、時期が近づくと自治体から案内が出ます。費用は3000円くらいから必要になります。

その他にエサ代、犬がかかりやすい病気の混合ワクチン代、おもちゃやおやつ、トリミング代、病気の治療費、避妊・去勢費用などたくさんのことにお金がかかります。小型犬なら年間10~15万円程度、大型犬なら20万円からと考えましょう。

費用以外にも、犬を飼うにはしつけや世話が必要です。飼い始めた当初は可愛さや物珍しさで面倒を見ることができても、その後は死ぬまで世話をしなければなりません。
犬を飼ったらその最期まで責任を持って見届けるという覚悟が何よりも重要になります。

犬に与えてはいけない食べ物

人間が美味しいと思う食べ物を、飼っているワンちゃんにも食べさせてあげたいそう思う飼い主さんもいることでしょう。しかし、人間にとっては無害な食材も、犬にとっては命を落とす危険を含んでいるものも少なくありません。
特に危険な犬に与えてはいけない食べ物を紹介します。

ハンバーグなど多くの料理で使うタマネギには犬の血液中にある赤血球を破壊する成分が含まれており、誤って食べると溶解性貧血を引き起こします。タマネギの他、ネギ類、にんにく、ニラ、しょうがにも同様の成分が含まれており、それらのエキスを含むものも与えてはいけません。
コンソメスープの素などにもタマネギのエキスが含まれているため注意が必要です。チョコレート、ココアといったカカオ類はデオブロミンという物質が中枢神経を刺激し、心拍の増加や嘔吐を引き起こします。急性心不全を起こす場合もあり命に関わります。キシリトール入りのガムやお菓子はインスリンを過剰に分泌させ、低血糖を引き起こします。犬の体重によってはガム1枚でも死に至る危険性があります。特にチョコレートやガムをお子さんが知らずに与えてしまう事故もあるため注意をしましょう。

また、ドッグフードだからといって全てのフードが犬に良い成分で出来ているとは限りません。多量の保存料や添加物はもちろん良くないですが、実はトウモロコシ・小麦・大麦などの穀物もアレルギーを引き起こす要因といわれています。犬のような肉食動物は、これら穀物類の消化が苦手です。基本的には穀物不使用で生肉などの動物性たんぱく質の多いフードを選びましょう。

参考・・・https://canagandogfood.co.jp/
グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを販売している通販サイトです。

その他にも、レーズンやアボカド、人間用のサプリメントも危険です。
犬は大切な家族ですが、人間と犬の体は異なることを理解し、犬の体に合うドッグフードを与えるようにしましょう。

犬は良きパートナー

犬は古くから人の良きパートナーとして親しまれてきました。その歴史は古く、1万年以上も前の旧石器時代から付き合いがあると考えられています。
イスラエルでは1万2千年前の遺跡から子犬を抱いた人骨が出土していることからも、犬が人間と近いところで生活をしていた様子がうかがえます。

現在では大小様々な種類の犬が存在していますが、その祖先はオオカミであったと考える説が有力です。犬のDNAとオオカミのDNAを解析したところ、ほとんどが同じであり、1万5千年以上前にオオカミと犬に分岐する点があったと見られています。

しかし、なぜオオカミから犬へと変化していったのか、その詳細はまだ明らかにされていません。旧石器時代に入り人が道具を使った狩りを始めだしたのを機に、そのおこぼれをオオカミが食べに来ることで人との接触が増え、その中で遺伝子が変化していったのではないかと考えられています。

頭が良く、従順な犬は主に狩りのパートナーとして人と生活を共にしました。
ハウンドドッグ(猟犬)という言葉から、最近日本でも人気のイタリアングレイハウンドなどハウンドと付く犬種や、ダックスフント(ドイツ語でアナグマ犬という意味で、深い巣穴にいるアナグマを捕るために足が短く改良された)、シープドッグ(羊を追う牧羊犬)などその性格が名前に反映されているものもあります。

犬を飼うポイント

犬とのパートナーシップはとても大切なポイントです。ご家庭で犬を飼われている場合、どのように信頼関係を築かれるのかということを意識されてみてはいかがでしょうか。
当サイトでは犬に関する知識全般を紹介していますから、ぜひその点を参考にしていただければと思います。
飼い主との信頼関係で犬は十分に愛情で答えてくれますから、ぜひその点を意識してください。

犬との信頼関係の構築は、飼い主がどのように愛情を注ぐのかということで、分かれてくるところです。飼い主の方では、そのことをあまり意識していないため、十分に犬との信頼関係を築くことができないままになってしまっていることもあります。
このあたりは、御自身がどのような関係が最も望ましいのかということを前提に、犬との信頼関係を築けるようにすることをおすすめいたします。
しっかりと犬との信頼関係を築ければ、長く一緒に楽しい生活を送ることができるでしょう。

また当サイトでは、日々の犬の健康や食生活などで、注意しなければならないポイントなども具体的に紹介しています。特に食べものに関しては、犬に与えてはいけない食品を知らないと、病気にしてしまうリスクもありますから、飼い主の方が十分に確認をされるようにしておいてください。

また、飼い主の方が犬を飼う上での心構えなどの具体的にご紹介していますから、ぜひその点も注意を払うようにされることをおすすめいたします。
しっかりと準備して、信頼関係を構築するようにしてください。