犬に与えてはいけない食べ物

人間が美味しいと思う食べ物を、飼っているワンちゃんにも食べさせてあげたいそう思う飼い主さんもいることでしょう。しかし、人間にとっては無害な食材も、犬にとっては命を落とす危険を含んでいるものも少なくありません。
特に危険な犬に与えてはいけない食べ物を紹介します。

ハンバーグなど多くの料理で使うタマネギには犬の血液中にある赤血球を破壊する成分が含まれており、誤って食べると溶解性貧血を引き起こします。タマネギの他、ネギ類、にんにく、ニラ、しょうがにも同様の成分が含まれており、それらのエキスを含むものも与えてはいけません。
コンソメスープの素などにもタマネギのエキスが含まれているため注意が必要です。チョコレート、ココアといったカカオ類はデオブロミンという物質が中枢神経を刺激し、心拍の増加や嘔吐を引き起こします。急性心不全を起こす場合もあり命に関わります。キシリトール入りのガムやお菓子はインスリンを過剰に分泌させ、低血糖を引き起こします。犬の体重によってはガム1枚でも死に至る危険性があります。特にチョコレートやガムをお子さんが知らずに与えてしまう事故もあるため注意をしましょう。

また、ドッグフードだからといって全てのフードが犬に良い成分で出来ているとは限りません。多量の保存料や添加物はもちろん良くないですが、実はトウモロコシ・小麦・大麦などの穀物もアレルギーを引き起こす要因といわれています。犬のような肉食動物は、これら穀物類の消化が苦手です。基本的には穀物不使用で生肉などの動物性たんぱく質の多いフードを選びましょう。

参考・・・https://canagandogfood.co.jp/
グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを販売している通販サイトです。

その他にも、レーズンやアボカド、人間用のサプリメントも危険です。
犬は大切な家族ですが、人間と犬の体は異なることを理解し、犬の体に合うドッグフードを与えるようにしましょう。