犬を飼う心構え

犬を飼うには、まず生き物の世話をすることへの労力と時間を必要とすること、そしてお金がかかることへの覚悟をしなければなりません。

犬を飼うのに必要な経費はどれだけかかるのでしょう。
ペットショップで購入する場合、犬そのものの値段に初期費用としてプラス3万~5万円くらい必要になるとみてください。首輪やリード、犬用の食器やケージなどが必要です。

そして、都道府県に畜犬登録をする費用がかかります。畜犬登録は犬を飼うすべての人が行う義務で、登録料は3000円程度です。
犬が生後90日を越えたら狂犬病の予防接種を受け、30日以内にその証明書を持って役所か保健所に届け出ます。
狂犬病予防接種は年に1度の接種が必要で、時期が近づくと自治体から案内が出ます。費用は3000円くらいから必要になります。

その他にエサ代、犬がかかりやすい病気の混合ワクチン代、おもちゃやおやつ、トリミング代、病気の治療費、避妊・去勢費用などたくさんのことにお金がかかります。小型犬なら年間10~15万円程度、大型犬なら20万円からと考えましょう。

費用以外にも、犬を飼うにはしつけや世話が必要です。飼い始めた当初は可愛さや物珍しさで面倒を見ることができても、その後は死ぬまで世話をしなければなりません。
犬を飼ったらその最期まで責任を持って見届けるという覚悟が何よりも重要になります。